『フレイザースイート赤坂東京』は、赤坂駅・赤坂見附駅・青山一丁目駅の何れからも徒歩圏内の場所に位置し、都内のどこへ行くのにもアクセス抜群。部屋のタイプによってはキッチンや洗濯機が付いていて、ホテルではなくサービスアパートメント。ゴルフシミュレーターがあったりと少しユニークだ。今回は、その一風変わった、でも居心地の良かった『フレイザースイート赤坂東京』の詳細をお届けする。

エントランス

このビル丸ごと『フレイザースイート赤坂東京』。部屋数は全部で224室。東京では最大級の規模。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

エントランスは高級感が漂っているが、所謂ラグジュアリーホテルのようにドアマンは立っていない。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

中へ入ると、高い天上と広々としたスペースが目の前に広がる。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

左側がフロント。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

 

ロビー

右側は、少しくつろいだり仕事をしたりするスペースがある。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

カウンター席には、テーブルの下にコンセントもあり、充電にも困らない。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

誰かを待つ間など、読書をしたりするのに最適な一人がけソファも。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

 

お部屋

フレイザースイート赤坂東京のサービスアパートメントは、数々の受賞歴を誇るハーシュ・ベドナー・アソシエイツ(Hirsch Bedner Associates)が手がけた魅力的なデザイン。和の伝統とモダンな建築スタイルが融合した様子が部屋のデザインから見て取れる。

日本のデザイン精神である「品」と「粋」、伝統と現代の美学の調和を体現。家具付きのデラックスルーム、スタジオ、1ベッドルームのサービスアパートメントはそれぞれ出窓のあるエレガントなデザインで、レインシャワー、スマートワークデスク、Wi-Fi、総合ホームエンターテイメントシステムなどの充実したアメニティを取り揃えている。部屋の種類は全部で次の9種類。

今回宿泊した『スタジオエグゼクティブキング』は、キッチン付きの部屋。部屋に入ると、右にクローゼット、その奥にキッチン、左はバスルーム、一番奥がベッドルームとなっている。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

クローゼットを開けると、パナソニック製の最新洗濯機。滞在中に何度か仕様したが、今まで使った洗濯機の中でダントツでこれが一番良かった。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

色んなコースが用意されているので、その中から選択するだけ。乾燥の仕上がりも悪くない。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

洗剤も予め用意されているので、買う必要はない。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

洗濯機もあるが、ランドリーサービスもある。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

クローゼットも広々。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

肌触りの良いルームウェア。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

ファブリックスプレーとアイロン台

Fraser Suites Akasaka Tokyo

スリッパ

Fraser Suites Akasaka Tokyo

アイロン

Fraser Suites Akasaka Tokyo

スーツを置く台。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

ランドリーを入れる袋(?)

Fraser Suites Akasaka Tokyo

仕様後のタオルとかを入れるバケツ(?)

Fraser Suites Akasaka Tokyo

 

キッチン

キッチンも広々、かつとても綺麗。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

換気口。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

お鍋

Fraser Suites Akasaka Tokyo

フライパン

Fraser Suites Akasaka Tokyo

鍋敷きと布のクロス

Fraser Suites Akasaka Tokyo

オーブンも

Fraser Suites Akasaka Tokyo

ドイツのMiele(ミーレ)製オーブン。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

カトラリーも一式揃っている。足りないものは何もない。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

ネスプレッソマシンもある。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

コーヒーカプセルも。もちろんティーバッグもある。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

お水は2本。ただ追加でもらえる。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

ポット。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

冷蔵庫は、小さいタイプ。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

正面からキッチン周り全体を撮影したもの。上段には、食器が入っている。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

3種類のお皿とまな板。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

ティーカップ。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

コーヒーカップ。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

ワイングラス。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

包丁と果物ナイフ。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

ゴミ箱。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

 

バスルーム

バスルームは、洗面台、シャワーエリア&浴槽、トイレがあるが、ここもかなり綺麗。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

ハンドソープは、マリン アンド ゴッツの固定タイプ。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

ボディクリームも、マリン アンド ゴッツ。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

その他アメニティは、歯ブラシ、ひげ剃り、くし、シャワーキャップ、コットンパッド、サニタリーバッグ。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

ドライヤー。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

電話の子機が。バスルームに居ながら色々と注文できたりする。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

体重計。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

ウォシュレット付きトイレ。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

お風呂場は広めの浴槽と、2種類のシャワーヘッド。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

シャンプー、コンディショナー、ボディソープもマリン アンド ゴッツ。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

シャワーその1。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

シャワーその2。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

 

部屋

メインの部屋もかなり広く、快適な空間だった。手前にキングサイズのベッド、奥に寝転がれる程広いソファ。

Fraser Suites Akasaka Tokyo
Fraser Suites Akasaka Tokyo

ベッドボードの右側には、照明をコントロールできるパネルが。USBとコンセントの指し口もあった。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

空気清浄機も完備。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

テレビはパナソニック製。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

スピーカーはBOSE製。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

リモコンも付いていてこれで操作。BluetoothでiPhoneに繋げれば音楽もここから流せる。最高だった。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

テレビ側から撮影。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

ベッドの左側には、フロントに綱がる電話機、

Fraser Suites Akasaka Tokyo

左のヘッドボードには、右のヘッドボートと同じ仕様の照明をコントロールパネルが。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

アルコールを配合したハンドジェル。アルコール消毒で手が荒れているのでこういうのがあるのは嬉しい。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

ノートパッド。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

アナログ時計。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

セーフティボックス。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

取扱説明書。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

 

仕事の環境

インターネットの速度

回線速度はそこまで速くなかった。サービスアパートメントなら部屋に滞在する時間が長くなることを想定した作りになっているはずで、それならWiFiの速度はもう少し必要だ。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

 

デスク周り

仕事用のデスクはなかったが、丸テーブルがあり、ここが仕事をするスペースになる。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

ソファーの下にはコンセントがあり、パソコンの充電をしながら仕事もできる。スタバのソファー席に似てると思ったが、スタバ同様に椅子と机の高さが仕事をするには合っていないので、長時間には向かないと思う。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

窓から外の景色を見たら夕日が沈む様子が見えた。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

 

朝食

朝食は、1階にあるレストラン『MOSS』で。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

結構広く、綺麗だった。ランチとディナーもやっているようで、今度使ってみようと思う。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

朝食は、チェックイン時に選ぶ。しっかりの洋食、和食、もしくはライトな洋食(トーストと少々らしい)。この写真はしっかりの洋食プラン。朝食でここまでしっかり作ってくれるのは嬉しかった。サービスアパートメントの朝食といえば、簡易バイキングというところが多く、今までは正直あまり好きではなかったが、ここは違った。かなり満足。美味しかった!

Fraser Suites Akasaka Tokyo
Fraser Suites Akasaka Tokyo
Fraser Suites Akasaka Tokyo
Fraser Suites Akasaka Tokyo
Fraser Suites Akasaka Tokyo
Fraser Suites Akasaka Tokyo

 

ジム

2階にジム、ゴルフシミュレーター、リトリートルームがある。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

部屋数からすると少し小さい気もするが、筆者が滞在中は誰も使っていなかった。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

 

ゴルフシミュレーター

今までゴルフシミュレーターが付いているサービスアパートメントは泊まったことがなかったので少し驚いたが、これはなかなか良いと思った。自分が泊まっているときにビジネスパートナーを呼んで一緒に汗を流しても良いし、使い方は無限だ。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

部屋の中も結構広く、快適だった。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

ゴルフシミュレーターに詳しいわけではないが、かなり本格的なのではないだろうか。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

横にあるパソコンを使って操作する。

Fraser Suites Akasaka Tokyo

 

基本情報

ホテルを比較した際に、特に違いが出やすい空間、機能、施設、サービスなどを比較。各カテゴリーに対応している場合は「⭕」が、対応していない場合は「❌」が付いている。定性的なかつ主観が入るようなものは、筆者の独断。判断基準の1つとなっているのは、この記事で

空間演出

エンターテイメント

お風呂

寝室

滞在時間

仕事関連

その他の施設・サービス

 

ホテルの場所・アクセス

最寄り駅は、赤坂駅。赤坂見附駅、青山一丁目駅も徒歩圏内。

タクシーを利用する場合は、配車アプリ『GO TAXI』が便利でお得。アプリをダウンロード後にクーポンコード『mf-pjah3t』を入れてもらえれば、今なら5,000円のクーポンが付与される。キャンペーンが終わっても2,000円のクーポンが付与されるのでぜひ。

 

予約方法

このレベルのホテルになれば、予約はどの旅行代理店からもできるが、とにかく価格を抑えたい方は、Booking.comAgoda が良いだろう。色んなサービスが複合されたパッケージを予約したい場合は、一休 が良いことが多い。

今回の宿泊に関して

料金

筆者は、一休経由で予約。デラックスキングの部屋・朝食付き1名で18,797円だった。

 

感想

これまであまり良い印象がなかったサービスアパートメントだったが、『フレイザースイート赤坂東京』はそれを覆してくれた。どのサービスアパートメントなら備わっている洗濯機やキッチンも最新のものが揃えされており、かつ部屋の中もホテル並みに綺麗だった。朝食会場だったレストラン「MOSS」も美味しく、ランチやディナーでも訪れてみたい。ゴルフシミュレーターは息抜きにちょうど良いし、人を呼べるからビジネスにおいても良いコミュニケーションツールになり得る。シャングリ・ラ東京のように36時間ステイなどのプランがあればさらに使い勝手が良くなるだろう。

 

もし、この記事に興味をもってくれた人がいれば、Twitter でフォローしてもらえると嬉しいです。

 

他のホテル宿泊記

この記事に使用している写真は、一部一休のサイトを参考にしています。