最近じわじわと人気が高まっている瀬戸内海にあるオリーブの島、小豆島。

昭和62年に公開された映画のロケセットが残る「二十四の瞳映画村」、魔女の宅急便を彷彿とさせる魔法のほうきで有名な「オリーブ園」、日本三大渓谷美の一つの「国立公園寒霞渓」、20軒以上の醤油蔵や佃煮工場が軒を連ねる「醤の郷」、1日2回だけ現れる「エンジェルロード」。これらの観光地を訪れるために宿泊した「ベイリゾートホテル小豆島」をレポートする。

ベイリゾートホテル小豆島は、全ての客室がオーシャンビューの宿。人気の観光地の「二十四の瞳映画村」と「醤の郷」の近くにあり、便利。フェリーが到着する港からは少し離れているが、無料送迎バスもある。

 

エントランス

ご覧の通りかなり大きいホテル。この正面入口の反対側はすべてオーシャンビューの客室。

小豆島リゾートホテル

中へ入ると左側がホテルのフロント。その奥に売店などがある。

小豆島リゾートホテル

 

ロビー

フロントとは反対側の右側へ進むと、ホテルロビーがある。

小豆島リゾートホテル

その手前には、アメニティコーナーがあり、足りないアメニティはここで各自持っていくスタイル。

小豆島リゾートホテル

無料貸し出し備品もある。ヘアアイロン、高性能ドライヤーなどもある。

小豆島リゾートホテル

浴衣の柄とサイズもここで選んで各自部屋へ持っていく。

小豆島リゾートホテル

 

お部屋

今回は『ダブルルーム 21㎡』を予約していたが、無料で『モダンツインルーム  40㎡』にアップグレードされたので、そちらの様子を紹介する。

小豆島リゾートホテル

ご覧の通り、部屋の骨格は和テイストだが、床はフローリングになっていて、デザイン的には少しちぐはぐな印象。ただ部屋は広くて、天上も高いので開放感がある。奥には、オーシャンビューを楽しむための一人がけの椅子が2つ。

小豆島リゾートホテル

ベッドは、ベッドフレームがなくマットレスだけなので、だいぶ低い。個人的にはあまり好きではなかった。

小豆島リゾートホテル

空気清浄機は、もはや当たり前のようにどのホテルにも付いている。

小豆島リゾートホテル

ベッド側から部屋を見ると、小さいテレビと、和室の押入れと掛け軸のスペース。

小豆島リゾートホテル

電話

小豆島リゾートホテル

セーフティボックス。

小豆島リゾートホテル

せとうちスタイルという雑誌

小豆島リゾートホテル

オーシャンビューを眺める場所

小豆島リゾートホテル

開放的な瀬戸内海を望むオーシャンビュー。この眺めは良かった!

小豆島リゾートホテル

部屋の奥からの一枚。

小豆島リゾートホテル

お仕入れには、ボディタオルとバスタオル、ブラシが。

小豆島リゾートホテル

 

バスルーム

洗面台も少し老朽化を感じる。大浴場があるのでこの空間はあまり使わないものの、もう少し投資をした方が良さそうだ。

小豆島リゾートホテル

必要最低限のアメニティ。違うものが欲しい人は、ホテルのロビーから取ってくる必要がある。

小豆島リゾートホテル

古いドライヤー。大浴場には、もっと良いドライヤーがある。

小豆島リゾートホテル

電気ポット。

小豆島リゾートホテル

ミネラルウォーター。

小豆島リゾートホテル

お風呂場。古い。

小豆島リゾートホテル

トイレも古い。

小豆島リゾートホテル

 

ミニバー

冷蔵庫は、無駄に大きい。

小豆島リゾートホテル

ガラスコップが2つと栓抜き。

小豆島リゾートホテル

お茶や紅茶など。

小豆島リゾートホテル

湯呑。

小豆島リゾートホテル

 

仕事の環境

デスク周り

仕事用のデスクというよりは、化粧台としての利用だろう。椅子は背もたれもないし、長時間には向いていない。

小豆島リゾートホテル

 

基本情報

ホテルを比較した際に、特に違いが出やすい空間、機能、施設、サービスなどを比較。各カテゴリーに対応している場合は「⭕」が、対応していない場合は「❌」が付いている。筆者の独断。判断基準の1つとなっているのは、この記事で

空間演出

エンターテイメント

お風呂

寝室

滞在時間

仕事関連

その他の施設・サービス

 

ホテルの場所・アクセス

ホテルを訪れる際には、ホテルの無料バスを利用するか、もしくは、レンタカーが経済的。運転が苦手な人や、急いでいる場合はタクシーの選択肢もある。

タクシーを利用する場合は、配車アプリ『GO TAXI』が便利でお得。アプリをダウンロード後にクーポンコード『mf-pjah3t』を入れてもらえれば、今なら5,000円のクーポンが付与される。キャンペーンが終わっても2,000円のクーポンが付与されるのでぜひ。

 

予約方法

予約は、公式ホームページ、Booking.comAgodaなどが良いだろう。色んなサービスが複合されたパッケージを予約したい場合は、一休 が良いことが多い。

 

今回の宿泊に関して

料金

今回の宿泊プランは、一休から【スタンダードプラン】ドリンク飲み放題付き・オリーブバイキング 瀬戸内の海の幸と小豆島の郷土料理を予約。一泊あたりの平均は約16,500円。

 

感想

小豆島には、そこまでホテルの選択肢はない。その中でも、比較的観光地へのアクセスが良さそうな「ベイリゾートホテル小豆島」に宿泊。部屋は広いが、デザインがあまり好みではなく、リラックスできる空間ではなかった。老朽化も進み、適切な投資がなされていない印象があった。ホテルのバイキングも、感動を覚えるレベルではなく、一般的。

一方で、ホテルからの眺めは良かったし、周辺の観光地は良かった。さらに今回は、レポートしていないが大浴場の温泉も良かった。眺めとアクセスを求める方にはオススメしたい。

 

もし、この記事に興味をもってくれた人がいれば、Twitter でフォローしてもらえると嬉しいです。

 

他のホテル宿泊記

この記事に使用している写真は、一部一休のサイトを参考にしています。